アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「政府転覆」を公言する都知事選立候補者

3月22日、立候補は締め切られ、いよいよ都知事の選挙戦はスタートした(投票は4月8日)。  立候補したのは14名(写真=「毎日新聞」3月23日都内版より)で、本紙・既報の、長崎市長(当時)を銃撃して服役したことのある、政治結社「正気塾」幹部・若島和美氏は立候補を最終的に見送った。関係者によれば、資金面などで手当がつかなったためという。  だが、ある面、この若島氏以上に過激な者が立候補していた。  冒頭写真中の赤色で囲った外山恒一氏(36)がその人だ。  以下に、彼の選挙用ポスターと思われるものを掲げておくが、「思われる」というのは、その内容が余りに過激だからだ。  大見出しは「政府転覆」。自らの名前の横には「反政府組織指導者・前科二犯」との肩書きが付き、他には「まだ反抗期」、「管理社会粉砕!!」といった見出しも躍る。また、他のビラらしきものには「鹿児島県隼人町の熊襲の穴で、『造反有理革命無罪』と唱えながら、処女の馬から生まれた」といったプロフィールも書かれている。  そのビラらしきものを読むと、外山恒一氏の主張は、日本も含めて世界中で、多数派による少数派潰しが行われており、95年に起きたオウム事件は、そうした流れのなかでの多数派と少数派の「内戦」の最初のケースだという。  そして、多数派の味方である警察の拡大を憂えている。  これだけみれば、「左翼」かと思うのだが、「私はもともと改憲論者であり、軍事拡大には反対しない立場です。むしろ例えば北朝鮮などとは戦争してもいいと思っています」と言う。  そして、既成左翼はDVやストーカー、路上喫煙の取締にむしろ賛成し、警察拡大を許していると批判。  そして多数派に応戦するため、まずはこの立候補を通して少数派の団結を呼びかけるとしている。 「私たち少数派は、議会などというクソみたいなもんの外で団結を開始し、奴ら多数派を本格的にギャフンといわせる、政府転覆の恐ろしい陰謀を、着々と始めていこうではありませんか」と締め括っている。  …

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧