アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

公約は反故? 「モック」株を大量“処分”した生田澄子氏

3月19日、結婚式などウエディング関連プロジュース主力のマザーズ上場「モック」(本社・東京都中央区。山田信房社長)は、第2位株主だった生田澄子氏の持ち分が24・1%から3・1%まで下がったと明らかにした(3月16日付の大量保有報告書・変更報告に基づく。その内容は以下に掲載)。  本紙は生田氏の大量保有を知った際、彼女が過去、上場廃止になった「メディア・リンクス」に深く関係していた事実を上げ、疑問を呈した。  これに対し、彼女から反論があり、その言い分を2月8日に報じている。  その際、生田氏は「必ずモックの再建を果たす」、「途中で株を売り逃げしたりしない」旨、本紙・山岡の前で熱く語った。  ところがモックの再建に目処がつくどころか、この間、業績と比例関係にある同社株価はほとんど上昇しないどころか、生田氏が株を譲渡したとされる2月20日当たりから急激に下がり始め、さらに大量保有報告書が提出された3月16日以降加速がつき、3月20日終値は1万8800円と、半値近くまで下がってしまった(冒頭のチャート図写真参照のこと)。もちろん、大量の売りが出たからだ。  これはいったい、どういうことなのか?  さて、3月16日に提出された大量保有報告書によれば、生田氏はIS投資事業組合を通じてモック株式を所有していたが、組合員の2法人3個人が脱退したため(写真の黄色囲み部分参照のこと)、やむなくこういう事態になったといいたいのだろうか。   だが、そんな言い訳は通用しないようだ。  例えば、最大の持ち分を所有していた人物として「方吉幸麿」なる個人がいる。これに対し、生田氏が経営する金融業「いくた」の役員には「片吉幸麿」なる人物がいる。これは偶然なのか? 書類提出で、この程度の操作をするのはたやすいことだ。  その他、「インターサービス」は、外車販売等の「インターオート」を経営、写真週刊誌でも紹介されたことのある元暴力団組長・野呂周介氏の関係会社。インターサービスの代表は野呂氏の部下だし、役員には野呂氏の親族が就いている。  生田氏は本紙取材に対し、「自分の支援者はちゃんとした投資家で、自己資金。信用買いではない」と語っていた。  確かに、この間、同社株(生田氏の取得資金は3万1015円)は値をそれほど上げていないし、処分時期から見ても儲けはないだろう。だが、この言い分や、「詐欺師との汚名を返上する」といっていたことを思えば、組合員はモックが再建を果たし、株価が上昇するまで“待てる”者のはずだし、彼女が代表者としてそう指導しなければ汚名返上など無理。また、怪しげな者が組合員になっている理由も説明がつかないのではないか。  豪語していたNYの富豪の出資話、モックの転換社債を大量取得し、潜在的な大株主である外資(オアシス)との闘いはどうなったのか……。  なお、関係者は以下のように反論する。 「生田さんの名前が誤解され、一人歩きし、生田=暴力団関係者? といろんなところで言われる。それで名義を替えただけのこと。指摘のように、片吉(“方”吉は単純なミスとのこと)氏は仲間。誰も売り逃げなどしていない。同時期、多量の出来高になっているのは誰かが空売りしているからだろうが、誰か、こちらでも掴めていない。オアシスではないようだ。モックに良かれと思ってやったことなのに、売り逃げといわれ、本当に困っているんです」…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧