アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

西武の不正スカウトは氷山の一角。典型例はダイエーの故・根本専務下?

 3月9日、西武・太田秀和オーナー代行兼球団社長(写真)が記者会見して明らかにしたことで、05年10月までにアマチュア2選手に「栄養費」名目で計約1300万円を支払って不正なスカウト活動を行っていた事実が表面化したことは大手マスコミ既報の通り。  その前の04年に一場靖弘投手(当時、明治大学)への巨人等の同じく不正スカウトが発覚、再発させないことを全球団が誓っていたことを思えば、その罪はなおさら重いとの見方もある。  だが、さる球団関係者は、そんなきれい事を言っていたら有望選手は獲れないとして、現在も程度の差はあれ全球団がやっていると断言、さらに典型例としてダイエーの例を具体的に上げた。 「福岡ダイエーホークスの代表取締役専務をやっていた(故)根本(陸夫。死の直前、球団代表に)さんは、ともかくダイエーを優勝に導こうと、以前とは打って変わってスカウトに闇雲に力を入れた。1995年から亡くなる99年までのことです。心筋梗塞だったが、そのため、金銭関係のもつれで殺されたのでは、なんて噂も流れたほどでした。いまも活躍している多くの選挙がそうで、巨人でもやっていたK、ピッチャーのY、それから2人のS、Mも不正にスカウトしたと聞いています」  そして、井口選手(写真)に関しては、青山学院大学時代、銀行カードを渡し、毎月40万円振り込んでいたことは関係者なら誰もが知ることだと証言してくれたのだが……。そう、現在、大リーグ・ホワイトソックスで活躍中の資仁選手のことだ。  さらに、こんな見方も披露してくれた。 「自ら球団が、大きなマイナスになるこの事実を公表するわけがありません。一場問題の時も、右翼団体が内部告発に動き、質問状を突きつけられ、黙っていたらマスコミに暴露されるということで自ら公表したに過ぎません。今回も同じ様なことが水面下であったのではないでしょうか」  その時の右翼団体に関しては、当時、本紙でも記事にしている。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧