アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

結婚間もない羽賀研二に、売春斡旋絡みの疑惑浮上

 タレントの羽賀研二(44)――かつてたいへんな熱愛ぶりだった梅宮アンナとは破局になったものの、昨年後半には15歳年下の元会社員女性(29)と結婚したのは大手マスコミ既報の通り。  アンナとの破局の最大要因は、知人の保証人になったために背負った約2億4000万円とも言われる借金だったようだが、いまではそれもすべて返済。仕事の方も順調で、かつてのプレイボーイもやっと身を落ち着けたと思っていたのだが、過去の行動のツケが回って来たようだ。  本紙は、入手したある警視庁捜査員作成の「供述調書」コピー(以下に一部掲載)のなかに、事実とすれば見過ごせない記述を発見した。  本紙はこの2月25日、「石原都知事に吹き出した新たな献金疑惑」なるタイトル記事を報じている。  元代議士の糸山英太郎氏に淫行疑惑が持ち上がり、警視庁が糸山氏の自宅を捜索するなどしたことがあったが、献金時期はちょうどその年と同じだったという内容なのだが、その捜査過程で、疑惑の未成年女性を糸山氏に斡旋した元クラブホステス女性(24歳。当時。児童福祉法違反と売春防止法違反で逮捕、勾留中に作成)の供述をまとめたものなのだ。  そのなかに、羽賀氏の名前が出て来る。この女性自身、なぜ糸山氏と知り合ったのか述べている箇所だ。  以下、その部分を抜粋する(一部要約)と……。 「(糸山氏との合コンに誘われ、糸山氏の塾生F氏の経営するカフェバーに行った)店に入ると、タレントの羽賀研二が男性とテーブルを前にして座っていたのです」、「『羽賀です。よろしく。今日はJALのオーナー(=糸山氏)の接待みたいになるけど、次回に呼ぶ時は、もっと若くてお金持ちの人を紹介するね。だから今日は付き合って』と糸山先生と会うように、私たちに事情を説明したのです」、「その直後、羽賀さんの運転するベンツに乗り、西麻布の焼肉『U』に向かったのです」。  そして彼女は糸山氏とAV女優、ストリッパーの女性2名と飲食する。その約1週間後、前出の塾生F氏に会い、糸山氏の携帯電話番号を教えてもらい電話する。 「糸山さんから指示がありイトヤマタワー(自宅がある)に行ったのです。糸山先生と肉体関係を持ったのは、初めて行った(その)日の4月5日と4月16日です。糸山先生からは4月5日は20万円、16日に20万円を貰っています」、「これはセックスしたお礼のお金です。F氏と会った時、Fさんが先生の相手をすれば20万円貰えると話したと思います。Fさんから事前に金額の提示がなければ、私も糸山先生の相手はしません」。  関係者によれば、前述の合コンは糸山氏が気に入った女性を物色する席だという。同様の目的を兼ね、イトヤマタワー敷地内のテニスコートで複数の若い女性とテニスを楽しむこともあるという。  羽賀氏が直接的に糸山氏に女性を売春目的で斡旋したわけではない。だが、こうした経緯等を考えれば果たして無関係と言えるのか。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧