アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

本紙・山岡等の対パシコン訴訟全面勝訴判決、読売、毎日Webも報道

 昨日、本紙は、世界的コンサルタント会社「パシフィックコンサルタンツグループ」(本社・東京都多摩市。高橋仁社長=左写真)と荒木民生元社長(右写真)が訴訟提起していた名誉毀損訴訟で、本紙・山岡側が全面勝訴したと報じた。 その件を読売新聞、毎日新聞社もWeb記事で報じてくれていたので、以下、転載しておく。 ○「財界展望」記事の名誉棄損認めず、コンサル側敗訴 (2月16日22時19分 読売新聞) 国内最大手の建設コンサルタント「パシフィックコンサルタンツグループ」(東京都多摩市)と同社元社長が、月刊誌「財界展望」の記事で名誉を傷付けられたとして、発行元の財界展望新社(東京都千代田区)とジャーナリストの山岡俊介氏に計2000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が16日、東京地裁であった。 藤下健裁判長は「記事の主要な部分は真実と認められる」として、パシフィック社らの訴えを退けた上で、「記事の内容が真実で訴えには理由がないと容易に知り得たのに、あえて訴訟を起こしたのは不法行為にあたる」などと述べ、同社に山岡氏らの弁護士費用として計100万円の支払いを命じた。 問題とされたのは、「『パシフィックコンサルタンツ』経営者一族会社への不可解還流金」の見出しで同誌2005年4月号に掲載された記事。パシフィック社側が名誉棄損で提訴した後、山岡氏らが「提訴は訴権の乱用だ」として反訴していた。 ○<名誉棄損>東京地裁「提訴は不法行為」とし賠償命令 (2月16日20時21分配信 毎日新聞) 「財界展望」の記事で名誉を傷つけられたとして、建設コンサルタントグループの持ち株会社と元社長が、発行元の「財界展望新社」と筆者の山岡俊介さんに賠償を求め、山岡さんらが反訴した訴訟の判決が16日、東京地裁であった。 裁判長は「提訴したのは不法行為」と指摘し、持ち株会社側に100万円の支払いを命じた。 このように、裁判長はパシコン側の完全に“嫌がらせ訴訟”だと認め、逆に本紙・山岡側に計100万円の支払いを命じる、異例といってもいい反訴を認める判決を下しているのだ。 パシコン(高橋仁社長)も荒木元社長も、控訴するという、これ以上の愚を犯さないことを望みたい。結果は控訴でも棄却され、恥の上塗り、言論に対するさらなる違法な圧力として、判例に悪名を残すことになるだろうからだ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧