アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>「世界の主潮流からはずれた日本」(森田実。『マスコミ市民』2007年2月号)

政治評論家の森田実氏(写真)が、昨年12月、「徹底検証・石原都政の虚像と実像」とのタイトルで講演した際の要約が12頁に渡って載っているが、衝撃的な内容がぎっしり詰まっている。 『マスコミ市民』はメジャーな雑誌ではないが、良識派の識者からは高い評価を得ている。 以下、特に目に付いた発言の要点を取り上げておく。 ○自衛隊のなかには、防衛庁(当時)の米国追随ぶりに批判的な者がかなりいる。彼らは憲法改正にも反対している。それに対し、はるかに右翼的になっているのがNHKと民放だ。 ○小泉首相の郵政民営化の陰には、米国の保険会社が電通に宣伝費として5000億円渡した事実がある。そのことを書いたらテレビから追放された。 ○小泉首相の「自民党を変える」、「構造改革なくして景気回復なし」などのスローガンは、完全に電通のお膳立てによる。 ○創価学会は米国政府にカネをバラ撒き、米政界に深く食い込んでいる。 ○小泉首相が米国の支持を得たのは、わが国購入の米国債を売らないと約束したからだ。 ○世界の潮流は社会民主主義だが、日本は米国に従い弱肉強食を突き進んでいる。その代表が安倍首相と石原慎太郎都知事で世界の潮流から外れている。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧