アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

疑問だらけの小沢一郎代議士・資金管理団体の所有不動産状況(続き)

 前回に続き、都内の「陸山会」所有マンション(元赤坂と赤坂6丁目分)が実際にどう使われているのか、報告したい。 その前に、課題になっていた2つの疑問点について答えておこう。  1つは、第2回目に報じた、「独身秘書寮」の登記が未だ「畑」のままになっている件。 この点は、本紙指摘通り、少なくとも手続きミスであることは間違いなかった。 「農地の上に一般的な住居を建てることはできません。例え実態がすでにコンクリートになっていても、農地(畑)として所有権移転後、転用届けをしてもらわなければなりません。  農地(畑)のままで、すでに建物が建っている? それはおかしいですね。書類と実態が一致しないわけですから、これは法務局で直ちに地目変更してもらわないといけないですね」(世田谷区都市農地課) ただし、現在、この登記簿はネット上では閲覧できない。急いで、「訂正」している可能性がある。 一方、資金管理団体が解散した場合、その資産(今回の場合は特に小沢氏名義になっている不動産)はどうなるのか総務省に尋ねてみた。 「何ら規定はありません。国に贈与? そのようなことは一切無く、後をどうされるかは資金管理団体側の問題です。それは他の政治団体も同じです」 (写真上・中は小沢氏所有の赤坂6丁目のマンション。解説は以下に。下は「秘書独身寮」現場)  さて、2つのマンションの現在の使用状況はどうか。まずは、赤坂6丁目のマンションから(冒頭写真)。 オートロックになっており、その手前の郵便受けはすべて記載なく、誰ないしどういう団体が使用しているのか、確認できなかった。ちょうど郵便配達の方が来たので尋ねてみた。 「小沢さんの関係? 私はこのマンションが出来た時から、この地区の担当をしています。ですが、その関係と思われる郵便を配った記憶がないですね」 ということは、ここも前回報告の千代田区麹町2丁目マンションのように第3者へ賃貸しており、まったく購入する必然性がない物件ということか。 では、元赤坂1丁目の方はどうか(写真)。 こちらも郵便受けには何の表記もなく、部屋のベルを押しても応答はなかった。ただし、関係者からこの部屋(902号)は「陸山会」の代表者が自宅かどうかはともかく、個人で使用していることが判明した。 これまた世田谷区の「独身秘書寮」以上に、購入する必然性はまったくないわけだ。 なお、これはライバル政党幹部の発言だから割り引いて考えなければならないが、自民党の中川秀直幹事長は23日の記者会見で、小沢氏の「独身寮」についてこうコメントしている。 「政治資金規正法は不動産取得まで想定していない。(4億円以上=「秘書独身寮」という金額が)庶民の常識をはるかに超えたもので、税法上の問題が起こって来る」 周知のように、政治資金に税金はかからない。名義は小沢氏であるわけで、団体が解散すれば後は自由だから、名義上の小沢氏個人のものになる。その間、税金はかからず節税になるわけだ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧