アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

東理ホールディングスの、本紙・山岡に対する訴訟取り下げのとんでもない言い分

 本紙は本日、東証2部「東理ホールディングス」(本社・東京都中央区。福村康廣社長)が、本紙・山岡に対する訴訟を取り下げた事実、さらにその理由に関しては、水面下の出来事があった模様だとして具体的に言及しておいた。 その記事を書く際、東理のHPを確認したつもりだったが、既報のように、相手が一方的に取り下げたいといって来たから同意しただけのことで、和解文書も何も交じらしていないのだから、東理側としては拳を振り上げながら、自ら下ろすのでは格好がつかないため、取り下げの事実を公表するのは憚れるはずで、したがって公表できないだろうと思い込んでいたせいか、実際は1月9日、同社HPで告知している事実を見過ごしてしまっていた。 そうしたところ、本日、知り合いから連絡があり、同社HPに出ているだけでなく、「審理においては、概ね当社及び福村の主張を認めていただき、所期の目的を達したものと判断したため」と、取り下げの理由を記していると知り、本紙・山岡は仰天した次第だ。 いったい、誰が「当社及び福村の主張を認めた」と言うのか? もし、それを証明するものがあるなら証拠として出していただきたい。 常識で考えてもらいたい。 1万歩譲って、山岡が過ちを認めたとしても、上場企業である以上、それで折れて訴訟取り下げをすれば、当然、株主などの第3者は「何か弱みでもあったからでは」と思うはず。したがって、訴訟の取り下げは株主などへの体面上、絶対に出来ないし、してはならない行為のはずだ。 万一、するとすれば、山岡側に「詫び状」など非を認める何らかの証拠物をもらうことが最低条件だろう。 ところが、そんなものは一切ないから出しようがない。 こんなIR情報を出すとは、確かに同社並びに福村氏の面子を思えばそう言わざるを得ないのかも知れないが、それにしてもとんでもない企業、御仁と言わざるを得ない。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧