アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

追加情報ーー北朝鮮・平壌で暴動か!?(韓国『中央日報』は打ち消したが……)

 本紙は昨16日、北朝鮮が再度、ミサイル発射決断との有力情報があると報じた。そのなかで、何が原因か不明ながら、つい最近、「北朝鮮の科学技術委員会のトップ7名が逮捕された」との情報もあると付け加えた。 その後、その原因などについて新たな情報が入って来たので報告したい。 15日、韓国紙「中央日報」は、12日に平壌周辺に戦車や兵士が緊急出動する異常な兆候が捕捉され、クーデター説が飛び交うなど米韓情報当局が一時緊張したと報じたが、その後、非常事態に備えた訓練だったと打ち消していることは本紙も知っている。 だが、本紙が得た情報はもっと具体的だし、出処も、間接的ながらも現地からの情報に依っているので、あえて報告する。 (平壌市内と北朝鮮使用の旧ソ連製戦車) それによれば、科学技術員のトップ7名だけでなく、国会議員9名も逮捕された他、確かに平壌市内を戦車が走っており、死者も数十名規模で出ている模様だという。 「原因は、北朝鮮は“核実験をやったことで国際的に主導権を握ったはずなのに、なぜ、先の6カ国協議で何ら成果を得られなかったのか!?”との不満分子が出ており、その絡みで科学技術員会、国会議員は逮捕されたというのです。そして、再度のミサイル発射決断の情報は、成果が出ない以上、さらに強行しようという流れから来ているというのですが……」(事情通)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧