アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

マザーズ上場「モック」の第3者割当に登場した人物の正体

 既報のように、結婚式などウエディング関連プロジュースが主力のマザーズ上場「モック」(本社・東京都中央区。山田信房社長=写真)は昨年12月27日開催の取締役会において、第3者割当増資を決議したと発表した。  割当をするのは「IS投資事業有限責任組合」(東京都中央区。写真は入居ビル)。同組合の代表者は生田澄子氏で、約10億円分の引き受けとなる。 その発表を知った時、本紙は驚きを隠せなかった。まさか、生田女史が堂々と第3者割当増資の引き受け手に登場するとは思っても見なかったからだ。 この投資組合と同住所で、生田女史は「(株)いくた」なる金融業を営んでいる。もちろん、貸金業の許可を取った正規業者。しかし過去、たくさんの“危ない上場企業”への融資でよからぬ噂と共にその名が登場、ことにヘラクレス上場廃止になった「メディア・リンクス」への融資においては、さまざまな疑惑が出ていたからだ。 実は本紙は今回の第3者割当増資決議の前日、12月26日に「<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(17)危ない外食系新興上場企業2社」なるタイトル記事を報じている。その1社は「モック」で、そのなかで最近、山田社長にI氏が接近しているとして注意を呼びかけているが、そのI氏とは生田女史のことなのだ。 ある投資家がこう打ち明ける。 「年末、資金繰りの相談で山田社長に会った。ところが、オバさんが同席するので、“あなたは誰ですか”というとその生田氏だった。モックの役員でもないのに意見まで差し挟んで、完全に彼女が主導権を握っている感じだったね」 また、本紙は2004年11月26日にメディア・リンクスに関する記事を書いているが、そこで触れた同社の偽造と思われる社債絡みで 彼女の名が出てもいたのだ。   同記事では、社債と共に、証拠の「合意書」、「念書」の写真も掲載している。そこの引受人の氏名は消してあるが、これは生田女史の経営する「いくた」になっていた。  疑惑はそれだけではない。 メディア・リンクスが上場廃止になる直前、新堂元社長は大阪地裁に同社のヘラクレス上場を仮に認めよとの「仮処分命令申立」を行った(2004年4月26日。認められず)。 その申立書のなかで、経営の悪化を突かれ、生田氏に経営権を奪われたと訴えている。しかも、そのなかで彼女は複数の広域暴力団との交流もあると述べているのだ。 確かに、新堂元社長も暴力団の名前を使ったり、架空増資などの罪に問われ服役したことを思えば、鵜呑みにはできない。だが、仮にも弁護士も関与し、上場廃止阻止で大阪証券取引所を相手に申立したものなのだ。まったくのデタラメを言うとも思えない。 ここに改めて、その申立書の生田女史に関する部分の一部を転載しておく。 今回の増資、予定では1月31日が払い込み期日とのことだが、本当に実行できるのか。また、外からは窺い知れないが実際にどのような人物が投資するのか、注目される。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧