アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

問われるネットの匿名性の在り方(本紙・山岡も被害)

 本紙は2006年8月28日号で、ネット上の巨大掲示板「2ちゃんねる」を主宰する西村博之氏に対し、債権者側から破産申請の動きがあると取り上げている。
こうしたなか、ついにというべきか、「毎日新聞」が元旦号から「ネット君臨」と題した連載を開始した(上写真)。
元旦号は各紙、かなり前から独自取材をし、スクープ合戦を行うのが恒例。今年は何かと思っていたら、「毎日新聞」はインターネットの功罪を取り上げた。しかも、同連載が巻頭を飾る入れ込みようだ。
 具体的には、前出「2ちゃんねる」に、娘の臓器移植手術のために新聞各紙に募金を求める記事が出た件につき、「死ぬ死ぬ詐欺ですか?」といった心ない書き込みが行われただけでなく、その家族の自宅登記簿や写真まで掲載され、「祭り」状態になったという内容。
さらに2面には、前出・西村氏に対し、名誉毀損や書込削除命令無視などで総額5000万円ほどの賠償命令が下りており、また、同氏は1億円を越える収入がありながら、未だに一切支払いを行っていないとの本人コメントが掲載された。
(下写真=本紙・山岡等の西村氏に対する訴状。詳細は以下に)

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧