アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

ソースネクストの重大疑惑

 本紙は「宝田陽平の兜町アンダーワールド」という連載のなかで、過去2度に渡り(第12回目と15回目)、「ソースネクスト」(本社・東京都港区。松田憲幸社長)の主に告発本を巡る疑惑を取り上げた。 その後、関係者に接触できたので、改めて取り上げることにした。 繰り返しになるが、ソースネクストはこの12月20日に東証マザーズに上場したIT系企業。インターネット高速ソフト「速パック」、ウイルス防止ソフト「ウイルスセキュリティ」などのパッケージソフト販売会社として知名度が高いだけでなく、今年3月期決算では年商約103億円、資本金12億2280万円というそれなりの規模を誇る。 ところが、そのソースネクストに関する告発本が過去出され、それを同社側が金銭を支払って回収、おまけにその相手側には広域暴力団関係者が関与していたという疑惑だ。 今回、本紙が接触できたのは、その告発本を出す際のコーディネートをしたとする人物。仮にA氏としておこう。 そのA氏、“幻の本”の在庫を持っていた(冒頭写真)。 具体的にどう関わったのか。 「会社を乗っ取られたとする人物のところにいたM氏を私は知っていて、どこか本を出せるところはないかと相談を受けた。それでいくつか検討して、面識のあった、著者として名を出しているS氏に繋いだ。この本を出したR出版はこの前、倒産したが、ここを実質、経営していたのは実はS氏自身」 ーーなぜ、告発本なのか。 「本が出たのは2004年12月ですが、それまでに乗っ取られたとするT氏と松田社長との間の訴訟が和解になっていた。だから、T氏としては表向き批判できない。ソースネクストは2002年2月、ナスダック・ジャパン(現ヘラクレス)への上場直前に中止したが、再度の上場で動いていた。会社の実態をよく知るT氏としては(告発本では、上場中止の理由を、関係書類まで掲載して述べている。書籍の表紙には「業務上横領、詐欺、有印私文書偽造、特別背任」とまで記されている)、本来、上場できる内容ではなく、それにも拘わらず上場し、松田氏が上場益まで得ることが許せなかったのでないか」 ーーそれがなぜ一転、回収なのか。 「この書籍はまず2000部刷った。内200数十部は財界、マスコミ、弁護士さんなどに贈呈した。そして残りは数日で完売した。誰が買ったか確認したわけではないが、その早さから、ソースネクスト側が買い占めた可能性が高い。それでもう2000部増刷し、それは私の経営する会社事務所を倉庫代わりに置いていた。ところが、ほどなくM氏がやって来て、佐川急便で全部どこかに送った」 ー送り先はソーズネクスト側ではないのか。 「私は確認していないのでわからない。ただ、それ以降、再度、増刷はしなかった」 ーー巨額が動いたとの情報もあるが、知らないか。また、あなたは○という組織に属しているのか。 「組名は伏せるが、組織の現役なのは事実だ。ただし、私はわずかのコーディネート料をS氏からもらっただけだ」 この人物は巨額のカネが動いたなどという話は知らないと否定した。だが、金銭を得ていること自体は認めた。そして以上、見たように、告発本作りに深く関与していたのも事実だ。初版はすぐ完売し、2000部増刷したにも拘わらず、どこかにまとめて送られ、その後、再増刷しておらず、誰が聞いても不可解と思わざるを得ないだろう。 一方、本紙は松田社長をよく知る他の人物が、別の告発本を準備している事実も掴んだ。すでに原稿は書き終えているというのだが……。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧