アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

『週刊ポスト』セイコー創業家一族内紛記事のさらなる闇?

『週刊ポスト』が2週(12月8日と15日号)に渡り、腕時計国内有数の東証1部、「セイコー」(東京都港区)の創業家一族・服部家の内紛について報じている(写真)。 まだ目にしていない読者のために概要をお伝えすると、服部純一氏はセイコーの大株主(4・2%)であると共に、未上場ながら、計測器や電子製品製造のグループ企業「SII」(年間売上高約2700億円。従業員約1万5000名)の会長兼社長代行だったが、去る11月16日開催の臨時取締役会で解任された。この背後には、叔父のセイコー名誉会長・禮次郎氏、弟でセイコーウォッチ社長の真二氏との確執があったようだ。 もっとも、同記事はこれは単なる内紛ではなく、解任された純一氏の背後には“美人占い師”がおり、このS女史が合理的理由なくSIIの中国・大連の主力工場をタイに移転するように進言するなど経営に悪影響を与えていた事実があったという。  このS女史、もっとも本当に東条英機元首相の孫で、SIIと経営コンサルタント契約を結んでいたそうだ(ただし、純一氏解任翌日、契約解除)。 第2弾記事のなかで、純一氏は同誌に対し名誉毀損による損害賠償請求訴訟を行うとの通知書を送りつけたと述べられている。そのこととの関係は不明だが、今週号の同誌にはこのセイコー記事続報は載っていない。 そんな状況のなか、本紙はまだ『週刊ポスト』では触れられていないさらなる闇があると、関係者から打ち明けられた。 問題のタイへの工場移転は、まだ土地買収が済んだだけで工場は建っていないのだが、関係者はこう語る。 「この土地の前の所有者は実質、S女史だと聞いています。つまり、それをSII側が高値で買い、S女史側に利益が行くようになっている。その橋渡しを純一氏がしたのなら、特別背任の可能性が出て来ます」 しかも、このS女史の背後には関西広域暴力団2次団体幹部も見え隠れするという。 一方、これは事実でも純一氏のポケット・マネーからなのだろうが、S女史が経営するタイの「サムライ」といったレストランは、純一氏側が資金援助しているとも。 それから、純一氏は彼女は優秀な経営コンサルタントで、“占い師”との表現は虚偽だと主張していたが、S女史はある宗教法人と深い関わりがあるともいう。 「北海道に本部を置くDという新興宗教です。約500名の信者がおり、元皇族や政治家など良家の方が多いそうです」(前出・関係者) また、純一氏解任側の服部一族の背後には、経営の行方を心配したメーン・バンクであるみずほ銀行の意向があるともいうのだが……。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧