アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(10)警視庁が狙う暴力団資金源企業

 東証、警察庁、警視庁などが合同し、いよいよ“危ない上場企業”を資金源にする暴力団の実態にメスを入れるつもりのようだ。それが、少なくともかつてなかったほど本気なのは、暴力団を取り締まる専門部署、 警視庁組織犯罪対策部4課内に、その専属の捜査犯を設け、専属の管理官を一人置いて動き出していることからも間違いないだろう。 「組対は暴力団当事者を主な情報源にしているため、企業絡み、特に株絡みの犯罪は情報が入りづらく、その手のノウハウも乏しく後手後手に回っていた。しかし、時代の要請で、ようやく本腰を入れ出したということです」(関係者) すでにターゲットとして、複数の“危ない”上場企業の名前が兜町事情通の間では取り立たされている。 機械メーカーのT社や、2つのS社、IT系のA社、食品系のU社、上場廃止になったZ社などだ。 なお、本紙でかつて報じた「兜町界隈に出回る『外資が!!! 日本の訳あり企業リスト』」が参考になるかも知れない。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧