アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

媚朝外交を追及され、講談社社長自宅に取材拒否宣言「通告書」を2度に渡り送りつけた安倍首相の言い分

「週刊現代」がこの10月21日号から現在までに4度特集記事(写真は4弾目の12月9日号)にしている、安倍晋三首相の「疑惑の媚朝外交」は、驚くべき内容だ。  一般には北朝鮮強硬派で知られる安倍首相だが、その裏側で、03年夏ごろからポスト小泉を狙うには北朝鮮問題で実績を上げるしかないとして、密かに自分の手柄にすべく2元外交を展開。しかも、その内容は「8名の拉致被害者家族」さえ帰れば、後の被害者のことは問わない、核開発もご自由に、さらに約60億円を支払うというまさに媚びを売る交渉内容だったというのだ。 民主党はこの記事の信ぴょう性は、具体的な内容、関係者の証言、名刺や安倍氏の直筆親書などの物証があることからも高いと判断、10月11日の参議院予算委員会を手始めに追及を始めている。 ところが、安倍首相はこの間、「週刊現代」の取材には一貫して拒否。そして10月27日付、11月10日付と2度に渡り、同誌を出している講談社の野間佐和子代表宛に「通告書」(写真)を送りつけている。 その内容が、実に意味不明なのだ。 一言で言うと、「週刊現代」はマスコミとしての資質に問題があるから答える必要がないというもの。 そして、「資質に問題」の根拠だが、何と安倍首相も圧力をかけたとされる先のNHK番組改変問題に関し、安倍首相の主張の方が事実と違うことが明らかになった「月刊現代」の記事に関して「週刊現代」がコメントを求め、「朝日新聞の意図に沿った記事を書くため」だからという。 有り体にいえば、「自分の意見に反対だから」取材に応じないというわけだ。 おもしろくないのはわかるが、しかし、一国の首相ともあろうものが、疑惑(それも重大な)について説明責任を果たさず、しかもその理由が「自分の意に沿わないから」で済むわけがないだろう。 もっとも、こうした対応は今回が始めてではない。本紙・山岡への取材拒否理由もまったく同じだった。 本紙・山岡は安倍首相と北海道の疑惑の霊園との関係を「週刊金曜日」で記事にするにあたり、安倍事務所に取材を申し込んだが、取材拒否の理由は、同誌が曽我ひとみさんに対し、ジャーナリストにあるまじき取材をしたからというものだった。 記事の内容ではなく、もちろん山岡とは何ら関係ない一つの記事を持って、自分の敵か味方か決めつけ、その後、その媒体だけでなく、その雑誌を出している社全体の取材を拒否する。 NHK改変問題で、朝日新聞社に対して取った態度も同様だ(この時は自民党挙げて)。 そして今回、講談社に対しても「通告書(2)」で同様の態度を取っている。 だが、本紙・山岡の記事内容からも推測するに、それは言い訳で、実際は記事の信ぴょう性が高いからまともに答えられないというのが真相だと思われる。 問われているのは我々マスコミ側ではなく、安倍氏の首相としての「資質」の方ではないだろうか。 ○問題の「通告書(2)」全文…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧