アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

ついに職員から自殺者まで! 千葉県八千代市役所と産廃利権。地元代議士関与説も

 市役所(豊田俊郎市長=写真)側は「一切答えられない」というが、ついに千葉県八千代市役所職員から自殺者まで出た。11月8日のことだ。 八千代市役所といえば、11月始め、マスコミを騒がせたばかり。 千葉県警環境犯罪課は11月1日、廃棄物処理法違反で8名を逮捕したが、内3名は市役所職員だった。 ドラム缶入りの塗装廃液などを、市清掃センターの一般ごみ処分場内に不法投棄することに手を貸し、少なくとも現金10数万円を受け取っていたとして同課は贈収賄容疑でも捜査しているというから、論外の犯罪だろう。 だが、いま同市で問題になっている問題はこれだけではない。 同市高野で現在、東証2部への上場を目指していると言われる新築戸建分譲大手「アイダ設計」(さいたま市)が宅地造成を行っている。約1万?で、1棟30坪とすると単純計算で100棟は建つ計画だ。 ところが、このすぐ東隣は「川崎重工業」の旧八千代工場で、この分譲計画地からも少なくとも国の基準の2倍の鉛や3倍のフッ素が検出されている(工場跡は基準の10倍のヒ素や28倍のフッ素)。 (冒頭写真右=この問題を報じる月刊雑誌「グローバルヴィジョン」06年12月号)。 「造成地の汚染度はもっと深刻な可能性があります。アイダ設計はこんな産廃汚染の土地ですから、ひじょうに安値で手に入れたはずです。それなのに、基準値を超えた土砂が出た部分は家が建つ予定だったところ、そこは公園とし、元の公園予定地を宅地に入れ替えるだけでこの問題をクリアしようとした。  普通、こんな無茶は開発変更は通るわけがない。ところが、市はなぜかこの9月25日に許可を出した。しかも、普通公園は市側が贈与してもらい所有・管理するのですが、そうなると責任を問われかねないのであくまでアイダ設計側で管理・所有してもらうという逃げを打ったんです」(事情通) 自殺したT氏は問題の宅地造成に関わる都市計画部宅地課の次長だった。 「遺書があり、そのなかに千葉県選出の代議士(自民党)の名前が綴られていたとの情報もあります」(別の関係者) ちなみに、アイダ設計本社はさいたま市という関係から、地元の浜田卓二郎元参議院議員が顧問になっていたことも。 なお、アイダ設計は07年3月期は年商840億円、経常利益28億円を予想している。社長の会田貞光氏(写真)は04年度、約2億3000万円の所得税を納め、県内ではジャスダック上場「インデックスホールディングス」の落合正美社長に次いで上位高額納税者2位に入っている。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧