アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

アドテックスの株価操作疑惑(流出株の関連内部資料付)

元ヘラクレス上場の「アドテックス」といえば、警視庁組対3課が去る10月6日、家宅捜査に乗り出し、元社長・長谷川房彦氏等の粉飾決算容疑で捜査しているのは本紙でも既報の通り。 だが、同社株が紙くずになってしまった株主にしてみれば、以前から噂になっている株価操作疑惑も解明を望みたいところだろう。 疑惑が出ているのは、2005年11月20日前後。この時期、アドテックス株はそれまで5000株程度だった商いがいきなり約3万5000株まで急増し、株価は約3万円から約3万5000円にまで上がった。そして、その直後から暴落し、約1カ月後には管理ポスト入りして1万円割れ、2006年4月には上場廃止となった。 ここで注目したいのは、この疑惑の2005年11月20日前後の直前、長谷川会長(当時)が所有していた同社株約1万5600株の大半が金融筋に“流出”し、高値で売却されており、これが暴落の引き金になったと思われる点。 何しろ、当時、全株式が11万株程度だったのだから、この大半となれば浮動株の何割もが売られたわけだから、株価が暴落して当然だ。 要するに、長谷川氏が資金調達のために担保に入れた同社株が持ち出され、しかもご丁寧に株価操作で値を上げた上で売り逃げされ、何も知らない一般投資家だけがババを引いたという構図だ。 本紙は、その流出した長谷川氏の担保株に関する内部資料を入手した(以下に転載)。  それによれば、問題の1万5600株を担保に入れたのは2005年11月7日(写真左)。 ところが、「承諾書」のように、その全株式が2日後、H氏なる金融ブローカーに譲渡されていることがわかる(写真右)。  しかも、その全株式はその後、さらに「貸し株」として別の金融ブローカーに預けられていたことがわかる(横の写真)。 そして、長谷川氏にその後、1株たりとも戻って来ていないことでおわかりのように、その株をさらに譲り受けた者が、前述のように株価操作した上で、売り逃げたと思われる。 「彼らは2万2000円ほどで仕入れ、平均3万3000円ほどで売っています。1万株として、軽く1億円以上儲けたことになります」(事情通) そこで気になるのが、その儲けた悪徳ブローカーたちが誰かだ。 「貸し出してもらった金融ブローカーTはこの業界では悪名高い。彼自身に資金はないから、金主を持つ別のブローカーのところにさらに譲渡されている。その連中は過去、やはり上場廃止になった丸石自転車、ゼクー、大盛工業、日本LSIカードなどの引受にも顔を見せていました。資金源は東西の広域暴力団筋、それに在日資産家などです」(同) そして、彼らの大半が本紙が追及を続けている東証2部、「東理ホールディングス」(福村康廣社長)の第3者割当増資等の引受に関与していると思われるのは単なる偶然なのか。 というのも、長谷川氏はこの担保入れ前、融資を受けるため、福村社長を東京駅前の東理本社に訪ねている。もっとも、そのスキームはアドテックス側から断り、実行はされなかったようだ。 いずれにしろ、こうしたことが事実なら、まさに一般株主をダシにする詐欺行為といっていい。こんな連中をいつまでも野放しにしておいていいのか。是非、こちらも当局は徹底して追及していただきたいものだ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧