アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

カプコン・辻本社長も黙認? 業界関連社団法人専務理事の疑惑

 東証1部の家庭用ゲームソフト大手「カプコン」(大阪市)の辻本憲三社長(写真左)が理事長、「ジャストシステム」(ジャスダック上場)、「バンダイナムコゲームズ」、「コーエー」 (東証1部)各社長が副理事長を務める「コンピュータソフトウェア著作権協会」(ACCS。会員数304社)なる社団法人がある。 警察と連携して刑事手続きの支援を行う他、不正使用について情報収集、注意喚起するなど、著作権侵害への具体的対処を行う文部科学省の許認可団体だ。 もっとも、他の団体同様、辻本理事長など会員企業トップはお飾りに過ぎず、この団体を実質、切り盛りしているのは専属の久保田裕専務理事兼事務局長(写真右)だ。 久保田氏は著作権に関する本を何冊も出しているし、講演も数多くこなしている。また、警察と連携して摘発も行っている同団体の性格を思えば、その運営は厳格な上に厳格であってしかるべきだろう。 ところが、この久保田専務理事が特定の加盟企業と癒着し、不正を働いている疑惑があるとの情報が本紙に寄せられた。 具体的には、(1)その特定企業の役員にまで就いている、(2)その特定企業のFM放送局のシステム機材を、ほとんど利用価値もないのに団体で今年に入って約250万円で購入している、といったものだ(なお、同協会の年間収入は2?3億円)。 *証拠の会社謄本は以下に掲載  その特定企業とは「プロムナード」(東京都北区)という。謄本を取って見ると、確かに久保田氏は同社監査役に就任していた(写真)。 そこで、同団体に取材申し込みしてみた。 「(1)は確かに事実ですが、しかし問題があるとは思いません。就業規則上、理事長の承認を事前にちゃんと得ているからです。それに、久保田は無報酬です」(広報担当者) 一方、(2)に関しては事実ではないとのことだった。 だが、情報提供者は「この2年ぐらい久保田専務とプロムナードの田辺(治)社長は頻繁に共に行動し、全国の自治体を回って同社のシステム製品を営業しています。事務局でも何度も問題になりましたが、辻本理事長が黙認しているので、久保田氏は“会員のサポートは当然”と開き直っています。そのため、嫌気がさして真面目な職員が辞めて行っているのが実情です。他の会員にも申し訳なく……」 会員をサポートするのは当然としても(その場合も隔たりがあってはならないだろうが)、特定企業の監査役を務めること自体、疑惑を持たれて当然だろう。まして、警察と連携して摘発している団体となればなおさら。そして、このような“兼業”を本当に辻本理事長が承認しているとなれば、久保田氏だけでなく、辻本理事長も問題と言わざるを得ないのではないか。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧