アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

ムツゴロウ動物王国崩壊危機の元凶を作ったマツモトキヨシ前社長と、役員に名を連ねていた意外な有名人

 去る10月15日、「スポニチ」が第一報を報じたことで表面化した、ご存じ、ムツゴロウこと畑正憲氏(71)率いる「ムツゴロウ動物王国」(東京都あきる野市。2004年7月オープン。写真右)の経営危機ーー同王国の運営をしていた「グローカル二十一」(千葉県流山市)は約8億円の負債を抱え、今年11月下旬までには株主総会を開いて解散するという。 王国は東証1部「東京都競馬」経営の「東京サマーランド」の敷地の一部、約3万坪を借りていたが、昨年から賃貸料支払いが滞り出し、すでに今年6月末で契約解除、立ち退きを迫られていたという(ただし、畑氏の個人会社「ムツプロ」が暫定的に代わって賃貸借契約して営業している)。 このグローカル二十一の株式23%を所有、また取締役であると共に、最大のスポンサーであるはずだったのはドラッグストア最大手、東証1部「マツモトキヨシ」前社長の松本和那氏(写真左)だった。 松本氏といえば、代議士も2期務め(千葉7区。自民党)、資産家のはずだが、2005年10月、自身が社長を務める墓地販売会社「聖地公苑管理」(柏市)を破産させている。負債額は約12億円。  それでも、本腰を入れる気ならまだ余力はあったはず。ところが、 「そもそも松本氏は動物テーマ・パークにしてムツゴロウブランドで儲かると考えたから手を挙げた。当初、そのため10億円の出資を申し出ていたが、畑氏は北海道の自然をそのまま持ち込み、エンターテーメントさには乏しい現代人の癒しの場を作ろうとし、結局、1億円しか出してくれなかった。それで銀行借り入れをしても6億円しか用意できず、宣伝も一切できなかった」(関係者) その後、英会話のECCグループの山口勝美代表が増資時、15%ほど引き受け、同社が協賛してくれたが松本氏の穴を埋めるまでにはならなかった。 グローカル二十一本社が流山市になっているのも、当初、王国の場所も松本氏の本拠地(千葉県松戸市。マツモトキヨシ本社も)にほど近いそこにする予定だったからだが、これも資金を出し渋ったため頓挫。 その他、同社社長は三井住友銀行出身の松戸市在住の松本氏の知人。他の取締役には松戸市議の中川英孝氏。松本氏の息子で、後を継いで代議士になったものの選挙違反で2006年1月に辞職した松本和巳氏は同社株を8%ほど所有していた。その他、役員としては作家の村野まさよし氏、麻雀プロの灘麻太郎氏も就いていた。   なお、松本和那氏はパチスロ大手「アルゼ」の取締役に就任していたこともある。左横写真はそのアルゼ社長・岡田和生氏、それに前出・村野氏との共著本。 もちろん、経営に無頓着な畑氏側も問題だし、大きな収入源だったフジテレビ『ムツゴロウと愉快な仲間たち』が01年で打ち切られた影響も大きいのだが、松本氏の責任も重いといえよう。 (写真右=平日とはいえ車の駐車がない王国駐車場。左=畑氏と犬の王国入り口の看板)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧