アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

本紙パチンコ業界連載開始記事と、上場廃止の「アドテックス」との意外な接点

 本紙はパチンコの闇について、伊藤直樹氏に連載を始めてもらったが、そこに登場する企業と、ヘラクレス上場廃止になり、事件化必至の「アドテックス」との間に、意外な接点があることが判明した。 パチンコ連載第一回で既報のように、訴訟原告が債権を譲ってもらった企業は「ウインザージャパン」という。 一方、アドテックスは2005年9月21日、「リズデール」なる企業に実に49億円分もの第三者割当増資を行うと発表したものの、結局、払い込みはされなかった。 以下に謄本を添付するが、それを見れば、「ウインザージャパン」から「リズデール」に社名変更されていることがわかる。 ただし、パチンコ連載で登場するウインザージャパンと、アドテックスの第三者割当を引き受けようとしたリズデールは別会社。 「ウインザージャパン(設立は2004年6月)が埼玉のパチンコ景品問屋の経営権を譲渡してもらおうというのに、会社が東京都中央区では何かと都合が悪いということで、同名会社を埼玉県にも設立した(同2004年12月)。その後、トラブルになったので埼玉の方の会社はいらなくなり山本治氏に譲った。と同時にリズデールに社名変更され、定款からパチンコ店の懸賞品及び景品の購入及び販売が消えた」(関係者)  それにしても、アドテックスの投資家はいいカモにされたものだ。 こんな空っぽの会社を、アドテックスは英国のリズデール教育財団と関係あるかのように広報していたのだ。 だが、真相はといえば、パチンコ景品卸会社の買取代金約2億3000万円の資金調達も厳しいウインザージャパンという会社が、形だけ整えようとして設立した実態のない会社、その後、休眠会社を、さらに社名変更しただけの会社だったのだ。 なお、アドテックス絡みでついでに報告しておくと、同社の資金調達先として登場していたジャスダック上場「バーテックスリンク」の関塚聖一社長は2006年8月29日、“解任”されている。 実は関塚社長、あの上場廃止になった「日本LSIカード」の役員に、同社の架空増資で逮捕された坂上雅夫被告(「菱和ライフクリエイト」と後藤組組長等の不正登記事件でもその後逮捕)と共に役員に就いていたことから、逮捕はされなかったものの、バーテックスの社長に就くに当たり疑問視する声もあった。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧