アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<お知らせ>「検定試験英語教育大国・日本では、なぜ国際誌”TIME”が読めなくなったのか?」

 わが国では英語教育に力を入れているにも拘わらず、実際に英語ができる人が少ないのはなぜか? この問題について、まず、同時通訳英語の名人で、国際ディベート学会会長の松本道弘氏(写真)が講演。これに続き、国際誌「TIIME」の発行元「Time Inc.」雑誌販売局副局長・金杉一朗氏、外資系出版社で日本の英語教室に新しい形の英語教育を提案する「ambridge University Press Japan」企画開発部部長・Robert Habbick氏、各種国際情報誌に寄稿しているジャーナリストのTODD CROWELL氏、そして経済界からはカタカナ英語に一家言持つ「新出光」会長・出光豊氏も加わり、パネル・ディスカッションを行ってもらいさらに問題点を探る。 ○12月13日(土) 13:00 ? 17:00 ○場所 東京医科歯科大学(東京都文京区湯島) ○詳細は「ワールドフォーラム」(←ココをクリック)まで ○参加費 5,000円(本代含む。本紙で見たといえばさらに割引になります) ○連絡先 ワールド・フォーラム代表幹事 : 佐宗邦皇FAX : 03(3353)6499 携帯090(7234)9792 E-mail : sasokunio2008@live.jp…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧