アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

5年間で出勤たった8日でも、給与満額支払い。呆れた奈良市役所“職員”の正体

10月18日に報じた地元紙「奈良新聞」によれば、この40代職員(環境清美部所属)、この5年9カ月間で就業したのはたったの8日間であるにも拘わらず、市は最初の5年間については満額、残りの9カ月間も8割の給与を払っているという。 この職員は昨年12月23日を最後に、この間、4回に渡り異なる病名の診断書を市に提出、病欠扱いの結果で、今年に入っては1日も出勤していない。だが、市は「問題ない」と答えているという。 しかも、5年9カ月以上前の書類は、保管期間を過ぎて処分されたため確認できないだけのことで、この職員は、それ以前も同様の理由でほとんど出勤せず、給与をもらっていた可能性もある。 だが、同じく報道したTV局「MBS」(大阪のTBS系列。写真はその番組より)によれば、この職員、少なくとも確認した期間は元気に、他の市の課に出勤していたという。 その出勤先は、何と市の建設課。 しかも毎日、写真のように高級車・ポルシェに乗ってのご出勤。 記者の取材に対しては、「ノーコメント」とのことだった。 もっとも、国が新たに示した分限処分の指針(病欠が3年以上を超えた場合)に照らし、市はさすがに処分を検討するとのことだが、病欠はウソの可能性が高く、分限処分では問題の本質からはほど遠い対応といえそうだ。 なぜ、一般企業では到底考えられないこんなことが罷り通っているのか。このような職員が、他にもいる可能性もあるだろう。 大阪市や京都市など、過去問題になったこともある悪しき同和行政のツケ、あるいは、暴力団絡みの可能性もあるのではないか。 だとすれば、おそらく市役所内部のマスコミへのリークによるのだろうが、単に形式上、この職員だけ処分しても何の解決にもならない。これを機会に、ウミは徹底的に出すべきだ。 なお、この職員が所属する環境清美部とは、わかりやすくいえば、市民の出したゴミを回収する部である。 *分限処分  疾病等のために職員がその職責を十分に果たすことができない場合に,公務能率を維持することを目的として行う職員に対する不利益処分(降任・免職・休職)をいう。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧