アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

テレ朝「開票疑惑報道」の衝撃(2)ーー元市議、「票をトイレに流している」と証言

10月6日、TV番組「スーパーモーニング」で、2003年4月27日に行われた千葉県習志野市の開票作業についての疑惑がレポートされ、そのなかで、その疑惑を裏づける同開票作業中の職員の数々の不審な行動場面の映像、元市議・米山元常氏の「票をトイレに流している」などの証言が紹介されたのは、本紙既報の通り。 今回は、同テレビ番組で放映された、この疑惑に対する市側の反論を紹介しよう。 まずは、当時の選挙管理事務局長・西川芳雄氏(写真左)。 疑惑などあり得ないとして、以下のようにコメントした。 「投票された票と開票された票(の数が)ぴったり合っている」からという。 確かに、ただ落選させたい候補者の票をこっそり抜き取り、「トイレに流した」だけでは、開票作業ではまず投票数を確認するから、数が一致せず、不正がバレてしまう(これに対する反論は、次号で紹介する)。 一方、助役だった富谷輝夫氏(写真右)は路上での直撃取材に対し、明日、正式に取材に応じる予定と返事をしているので、と取材を遮る。 ところが、翌日、市役所広報から返って来たのは「取材拒否」の答えだった。 訴訟で、不正は認定されなかったから(正確には、投票無効にならなかったということ。明らかに票がすり替えられたと認定されなければまず無効にはならないわけで、決して疑惑が払拭されたわけではないのだが)、「市としては、これ以上改めてご説明申し上げることはないということでございます」ということだった。 では、市広報がいう、そのまさに判決で、開票作業中に、権限なくその場に立ち入り、しかも、禁止されている携帯電話を持ち込み、かけていた(映像より確認)市の幹部等は何と申し開きするのか。 携帯電話を持ち込み、かけていた前出・収入役だった富谷氏は、「携帯電話のスイッチは切っていた」とだけ述べていた。 だが、映像の富谷氏は確かに携帯電話で話しているのだが、スイッチを切ってもかかる携帯電話が存在するのだろうか? そして、ウエストポーチで何か出し入れしている職員の映像などに関しては、市広報の見解通り、「裁判所で不正はなかったと認められているので」旨、のみ語っていた。 助役(当時)の篠原潔氏(冒頭写真中央)も、違法に開票現場に入っていた一人。そして、開票場に一台だけ設置されていた電話に何やら対応していた様子が映像には映っていた。 「電話はしていない。候補者から問い合わせの電話がひっきりなしにかかって来たのを受けただけ」旨と主張。  もっとも、これに対しては、当時、立候補していた伊波尚義氏は、自分は電話番号を知らなかったし、「他の候補者も誰も知らなかったと思っているんですけどね」…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧