アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

あの川上八巳氏が「シグマ・ゲイン」元代表・長田雄次氏の不正を告発

 川上八巳氏といえば、ヘラクレスに上場していたIT系企業「ビーマップ」(東京都文京区)の株価操縦容疑(証取法違反)で有罪判決を受けただけでなく、京都の同和団体にも関わりを持ち闇社会にも精通。ビーマップ以外の複数の上場企業にも食い込み、ライブドア事件の“闇”をも知っているとの指摘もある人物だ。
大証2部に上場していた不動産・証券事業の旧「シグマ・ゲイン」(現ユートピアキャピタル)の代表を務めたこともある長田雄次氏とは、まだ長田氏が日興証券に務めていたころ、ライブドアの役員だったこともある榎本大輔氏の紹介で知り合ったとされる。そして、シグマが行っていたマカオの不動産開発事業にも川上氏は深く関わっていた。
 2人はかつて蜜月関係にあった(横写真=2人が役員に仲良く就く会社謄本。その解説記事)はずなのだが、ここに来て、川上氏が長田氏を告発する動きに出ており、関係者の間でちょっとした話題になっている。
(冒頭写真は、長田氏オーナーの投資顧問会社「エピック・パートナー・インベストメンツ」が入居する霞ヶ関コモンゲートビル。現在、同社は恵比寿ガーデンから、金融庁も入居する同ビルに移転している)

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧