アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

ついに警視庁が捜索ーー上場廃止の「アドテックス」。民事再生法は認められず

 記事掲載(『日経新聞』10月7日=写真左)のように、この10月6日までに警視庁は元ヘラクレス上場「アドテックス」(東京都港区)の家宅捜索に乗り出した。 容疑は粉飾決算。 実際は赤字決算だったにも拘わらず、上場廃止(今年5月)前、数期に渡り、関連子会社などとの間で架空売上げを計上し、黒字決算であるように装っていた疑い。 本紙が関係者から得た情報によれば、その関連会社として「日本スポーツ出版社」(東京都中央区)、「ゆびとま」(長崎市。東京事務所は日本スポーツ出版社と同)などの社名が出ている。 日本スポーツ出版社はプロレス雑誌『ゴング』(写真右)なども出している中堅の出版社。一方、ゆびとまは同窓会支援のネット上コミュニティーサイトを運営している。 前者はついては、本紙既報のように、この間、代表を解任された前田大作氏が社長、後者でも役員に就いている。そして、長谷川房彦前社長がこの前田氏をアドテックスに連れて来たとされる。 ところで、今回の捜索、警視庁組織犯罪対策三課が乗り出している事実も注目したい。  この部署、暴力団関連の専門部署。なぜ、粉飾決算に……。 実は前出・前田氏、それに下村好男執行役員(ゆびとまの代表でもある)に関しては、長谷川前社長が「上申書」において山口組との関係を指摘していたのだ(左写真)。 本紙も複数の情報筋から、確認している。 本紙では以前、「JPBのPR雑誌の編集もしていた関西広域暴力団関係者」などの記事を書いている。その際、影響が大きいだけに企業名を敢えて伏せていたが、実はこの企業とは他ならぬアドテックスのことだったのだ。 本紙が得た情報によれば、この他、事件性ある疑惑として、長谷川前社長が当時、所有していた株券を担保に金策しようとしたところ、持ち逃げされたとされる件がある。 この件は長谷川前社長が株式ブローカーのH氏を今年6月20日付けで横領罪で告訴している。そのH氏からアドテックス株はさらに広域暴力団組長や、頻繁に増資を行い、架空増資疑惑も出ている某上場企業社長等に渡ったとして、やはり警視庁が関心を持っているとの情報もある。 なお、『日経』記事にもあるように、同社が申し立てていた民事再生法申請を東京地裁は10月6日、認めないと決定した。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧