アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

また出されたオリックス(債権回収)に関する「上申書」。一方、某信金債権譲渡に関する情報も…

 本紙で何度か指摘して来た、オリックス100%子会社のサービサー「オリックス債権回収」の強引な債権回収の実態ーーその回収に怒りの声を上げている債務者が、なぜ、法務省は“適正な債権回収”に疑いのあるオリックス債権回収をいまなお調査・指導などしないのかと、再度「上申書」を出していることがわかった。 その文書を入手したが、主旨はこれまでの紹介内容と同じなので、今回は文書全体を転載はしない。 ところで、この件で本紙が一番気になるのは、小泉チルドレンの弁護士出身代議士自身がオリックス側の代理人を務めている事実なのだが、実は別件でも、オリックス債権回収に関して気になる事実がある。 今年に入って、オリックス債権回収はある地方信金の不良債権を一括して譲渡してもらっている。問題は、この仲介に日銀OBが深く関与してと思われる点。 「今回、糾弾している債務者の件でもおかしな事実がある。債務者の当初、借りた相手は関西興銀と旧大和銀行(りそな銀行)系のリース会社だった。そして前者はRCCへ、後者については大和、それに旧第一勧銀に債権譲渡されるはずだった。ところが、なぜか後者についてはオリックス債権回収にひっくり返った。 実はこの一連の訴訟で、オリックス側が不動産を仮差押えする際、供託金が必要だが、その額はひじょうに低いと言わざるを得ない。なぜ、裁判所はそんな額で許可するのか」(事情通) こうしたオリックス側にとって有利な事実が、オリックス・宮内義彦会長の政治力によっているなら、問題であることは言うまでもないだろう。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧