アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>「安倍新政権にメディア戦々恐々?」??本紙・山岡もコメント(「東京新聞」『こちら特報部』9月22日)

「東京新聞」が冒頭写真のような記事を出している。 要するに、安倍晋三氏が首相になれば、攻撃的なのは北朝鮮に対してだけでなく、自分や自民党を好意的に取り上げないメディアに対しても幹事長時代から同様なので、大手メディアは戦々恐々としているという内容。  本紙・山岡もコメントを求められ、以下のように記事になっている。 「逆に安倍氏自身が取材対象になった場合、メディアへの対応はどうなのか。 〇四年に近親者の名前が浮上した疑惑取材に取り組んだジャーナリストの山岡俊介氏は、安倍氏の事務所に質問状を送ったが『事情が分かる人がいない』と繰り返された末『ノーコメント』と電話を切られた。 『今に至るまで質問状への答えはない。自分にとって都合の良い質問には答えるが、そうでない質問からは逃げる。他の同業者からも似たような反応を聞く。政治家の説明責任を果たしていない』(山岡氏)」  ここで述べている「近親者の名前が浮上した疑惑取材」とは、安倍首相の母・洋子さんが理事に就いていた北海道の霊園(上の2枚の写真。右写真は、左写真の3体の中央の観音像の台座部分。「洋子観音像」と彫られている)に関する疑惑を指す。 そして、「東京新聞」の担当者は、本紙の以前の記事「北海道霊園疑惑ーー安倍晋三代議士の呆れた取材拒理由」を見て、連絡をしてくれたわけだ。 まったく、とんでもない取材対応なのだが、しかし、安倍首相と「NHK改変問題」で対立した朝日新聞社はこの間、証拠テープはあるはずなのだが、ついに公表することなく、屈服した格好だ。 実はあの記事を担当した記者は、かなり前に“窓際”といっていい部署に異動させられた。関係者の間では、かなり知られた話だ。 こうしたメディア側経営陣の戦わない姿勢が、権力を増長させているわけで、その罪もまたひじょうに重いことは、自戒の意味も込め、この際、はっきりいっておきたい。 (写真 霊園の観音像の前には、「北方領土返還」の碑も)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧