アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>「安倍晋三『美しい国へ』を読む」(五十嵐仁法政大学教授(政治学)

 昨20日、ついに安倍晋三氏が自民党総裁に選ばれたが、彼曰く、「まあ、選挙でいえばマニュフェストのようなものでしょう」という、最近出た著書『美しい国へ』に関し、政治学者の五十嵐仁法政大教授が、自身のHPにてA4版にして27枚という、ひじょうに詳細な「論稿」を載せている。 何しろ、最初の小見出しが「こんな本を出して恥ずかしくないか」なのだから、その内容が知れようというもの。 五十嵐教授は、タイトルは『美しい国へ』ではなく、『恐ろしい国へ』の方が内容に合っているともいい、その根拠を述べている。 本紙では、これまで評価する作品しか取り上げたことがない。この著作は評価しようがないから本来は無視なのだが、ベストセラーのようなので、敢えて五十嵐教授の「論稿」をここに紹介するかたちで取り上げた。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧