アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

ジェイ・ブリッジVSダイヤモンド社訴訟ーー地裁は、“仕手”表現自体、そもそも名誉毀損に当たらないと認定

 本紙既報のように、企業再生ファンド会社「ジェイ・ブリッジ」(桝澤徹社長=写真。東証2部)と『週刊ダイヤモンド』を発行しているダイヤモンド社との名誉毀損を巡る訴訟の1審判決は、1銭も払う必要はない(謝罪広告掲載も)とのことで、ダイヤモンド社の勝ちとなった。 『週刊ダイヤモンド』は2005年4月16日号で、ジェイ・ブリッジが子会社にしたアパレルメーカー「小杉産業」(東証2部)の再建につき、小杉産業は大幅減資、メーン銀行の優先株引き受け直後、第3者割当増資を実施するが、その引き受け手の大半はアパレルとは無関係でシナジー効果を感じさせる企業がないことから、実際は株価つり上げを狙ったものだとすれば、今後、ジェイ・ブリッジは「仕手筋というレッテルだけでなく、“仕手株”の烙印を押されそうである」と記した。  これに対し、ジェイ・ブリッジは「仕手筋とは、意図的に株価を操作して利益を得ようとする集団を指し、その業務は正常な事業とは考えられていない」とし、名誉毀損に当たるとして提訴した。 これに対し、東京地裁は「仕手筋、仕手株という文言自体が、直ちに人の社会的評価を低下させるような性質のものであるとは認められない」、また仮に社会的評価を低下させるものとして用いられていたとしても、本件記事は「原告(ジェイ・ブリッジ)が、仕手戦を仕掛ける仕手筋が用いる手法により小杉産業の株価をつり上げようとするならばと仮定し、そのような場合には再生ファンドとして禁じられた手法を用いることになると評するにすぎない」から名誉毀損に当たらないとした。 その判決文の該当箇所、それに問題になって記事(1頁)中の増資引受先などと小杉産業、ジェイ・ブリッジとの相関図を参考までに上に転載しておく。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧