アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

三菱商事への目黒区土地払い下げの背後に黒い影

本紙は今年5月22日、「須藤甚一郎VS目黒区長+三菱商事」とのタイトル記事を報じている。 まず、これを再読していただきたい。 このような不可解な土地払い下げが、2003年3月にあったわけだ。 一方、本紙はそれに先立つ2002年12月、同じく目黒区が所有していた土地(鷹番1丁目)が不動産会社S社(東京都港区)に払い下げられている事実を掴んだ。 もっとも、こちらは不可解なことに完全な任意売却だった。土地の広さは約271?。ほどなく転売、分筆され、現在、そこには複数の住宅が建っている(以下に写真掲載)。 問題はそのS社の素性だ。 実はこのS社のオーナーは過去、広域暴力団組長などと共に逮捕され、その後も深い関係にあると見られる、その世界では知る人ぞ知る人物なのだ。  関係者が驚くべき証言をする。 「実は目黒区(長)と三菱商事の間を繋いだのは、このKオーナーなんです。そのお礼に、目黒区長(当時)はS社にこの土地を払い下げたと聞いています」 ただし、さすがに公的機関の払い下げである以上、この土地を一定期間は転売しないなど、10項目にも上がる制限が付いた。だが、S社はそれを破り、わずが3カ月ほどで転売。かなりの差益を稼いだようなのだ。 前の記事でも述べているが、当時の目黒区長は04年3月7日、自宅で首つり自殺している。 「実はS社が転売、分筆して宅地用に販売した後、区との間の制限条項を破っていたことが発覚、トラブルになった。そのことも、区長の自殺の一つの引き金になったのではないか」(前出・関係者)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧