アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

連載(4)「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』より

2003年4月27日に統一地方選挙の一環として行われた千葉県習志野市の市長・市議会議員選挙の開票時の疑惑ーー今回から、当日の開票作業状況を記録したビデオの分析結果等を具体的に見て行く。 ○具体的に不審な点 (1)参観人と衝立の問題 ◎誰でも参観人席から開票作業を見守れる「参観の権利」は、民主主義の原点である。参観人から票を隠す目的で衝立(写真)を設置した行為は公選法69条に違反している。 ◎衝立は選挙長から12メートル離れた会場の隅(冒頭写真の図参照のこと)にあり、選挙長も存在を知らなかった。 ◎大勢の参観人の目前では不正はできないという大前提で開票作業は行われている。言わば裏をかいた作戦と言えよう。衝立で票を隠し、その陰で票を山積みにし、しゃがんで票を触るなど想像外のことだ。 (2)不法侵入者について ◎助役‥‥本部席に陣取り、設置電話を使用して外部と電話をしている。6月議会で追及された助役はしどろもどろで「大変は間隔で問い合わせの電話が入ってくる」、「一般市民や報道関係者、候補者の選挙事務所から」とか言っているが、誰も電話番号を知らないのである。虚偽の答弁と思われる。 ◎収入役‥‥ブルーのブルゾンを着て、終始徘徊している。主に計算第2係にいて、第1係と括束係を行ききしている。携帯電話を利用し、誰かと連絡を取っている。携帯は使用していないと虚偽答弁。だが、県選管は電話をかけていると回答。 ◎秘書‥‥開披台で開票従事者に上司の立場とわかる指示をしている。やはり終始徘徊。 (写真左 この3名が開票作業所にいたことは違法と認める東京高裁判決文該当箇所。2003年12月18日。平成15年 行ケ 第412号。写真右 開票作業場の収入役)。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧