アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<お知らせ>「記者山岡取材メモ」22回= 「道新裏金追及」への道警側“恫喝訴訟”判決について

インターネットTV「あっ!とおどろく放送局」から声がかかり、毎月1回(45分)の番組を持たせてもらっている。題して「アクセスジャーナルTV?記者山岡取材メモ? 」。
22回目は、すでにオンデマンド(24Hいつでも見れる)になっている。
本紙でも既報のように、4月20日の1審(北海道地裁)判決はとんでもないものだった(横写真記事=月刊マスコミ批評誌『創』09年6月号より)。
そこで今回は、この件を追及し続けているジャーナリスト仲間の寺澤有氏をゲストに呼び、ほぼこの問題だけを取り上げた。
改めて説明すると、北海道新聞は地元・北海道警察の裏金問題を追及し、新聞協会賞にも輝いた。
これに対し、当時の道警総務部長が、この件をまとめた『警察幹部を逮捕せよ! 泥沼の裏金作り』(旬報社)と、『追及・北海道警『裏金』疑惑』(講談社文庫)の2つの書籍に関し、名誉を毀損されたとして、北海道新聞と、この取材の中心だった同社の高田昌幸デスク(=当時の肩書き)、佐藤一道警キャップ(同)、2つの出版社に6000万円の慰謝料と謝罪広告の掲載を求めて提訴した。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧