アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

加藤紘一代議士実家放火事件の背景ーー上部団体は過去、宮澤首相邸前割腹、新潟県知事襲撃を決行

 小泉首相が靖国神社に参拝した8月15日、加藤紘一元自民党幹事長の山形県鶴岡市の実家が全焼したのは既報の通り。 そのタイミング、加藤氏が小泉首相参拝に異議を唱えていたことから、現場で倒れていた男による政治的テロではないかとの見方がされていたが、山形県警は本日、この男が所属していた東京都新宿区歌舞伎町の政治結社「大日本同胞社」事務所などを、政治的な背景も視野に入れ、現住建造物等放火容疑で家宅捜索したのは既報の通り。 放火と靖国問題との関係は色濃くなっており、これが事実とすれば、本当にわが国はものが言いにくい時代に入って来てしまっているようだ。 それはともかく、放火現場に倒れていたのは同団体事務局長のH・T氏(65)だった。 当局は同団体は広域指定暴力団である住吉会系音羽一家系列と見ている。 音羽一家というのは、プロ野球巨人軍の本拠地である東京ドームを含む文京区を縄張りとしている。巨人戦チケット販売などのダブ屋利権などを持ち、かつては東京ドーム側と蜜月関係にあったが、取締強化で現在は関係は絶たれているとされる。 また、大日本同胞社はといえば、1987年、幹部等が土地取引に関して不動産業者に対する恐喝容疑で逮捕されるといった具合で、政治的な側面は見えて来ない。 だが、上部団体の「忠孝塾」といえば、やはり経済活動での粗暴犯が多い一方、関係者の間では、政治的に過激な行動をすることでもよく知られているようだ。 1998年12月、新潟市内の県庁玄関前で、平山征夫新潟県知事(当時)が車に乗り込もうとしたところ、男が千枚通しのようなもので切りつける事件があり、これは同団体総隊長を名乗る者(35)の犯行だった。 幸い、知事は顔に軽いけがを負っただけで済んだが、公判で、新潟は北朝鮮貨物船「万景峰号」の国内唯一の寄港場所であることから、入港阻止などを狙って犯行に及んだことが明らかになっている。 一方、92年7月には、宮澤喜一首相(当時)の東京都渋谷区の私邸前路上で、同団体隊員(27)が包丁で自分の腹を刺す事件を起こしている。 同年9月、天皇・皇后が中国を訪問しており、その直前、他の政治結社構成員が首相官邸前にトラックを突っ込ませ炎上させるなどしている。同様、「訪中反対」の意思表示の行動だったと思われる。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧