アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「摂理」韓国人女性幹部の不法入国に、わが国上場企業も関与

 カルト集団「摂理」(教祖・鄭明析=チョンミョンソク。61。強姦容疑で国際手配中)の日本における女性幹部信者(44)は、日本には就労ビザの資格で入国したが、実際には就労の実態がなく、不正に就労ビザを取得したとして、信者の奪会に関わる弁護士が8月10日、その女性を出入国管理法違反(資格外活動)容疑などで千葉県警に告発したのは既報の通り。 わが国当局は、この件を突破口に、わが国に約2000名いるともされるこの集団の実態解明を進める方針と見られる。 ところで、本紙の元に、このビザの不正取得に、わが国の上場企業が関与しているとの情報が寄せられた。  事が事だけに、現時点で社名を上げることはできないが、その上場企業とは、教祖が統一教会の中堅幹部だったころからつきあいがあった関係者によれば、東証2部のW社と思われる。 「社長の家族の中に信者がいた関係で協力した。社長本人も、チョンに会っている。チョンはそもそもは統一協会のそこそこの幹部だった。ところが、統一教会の運営方針に疑問を感じるようになって脱会、自分で教団を始めたと聞いていた。女性好きなのは知っていたが、まさか強姦までしているとは驚いている。韓国にはいまも姦通罪があり、初犯でも1年以上の実刑になる。韓国の一般国民の貞操観念は、男女とも日本人とは比べものにならないほど高いはずなのですが……」(関係者) (記事は『毎日新聞』8月11日夕刊)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧