アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

ハリー・ポッター翻訳者申告漏れで、邱永漢氏は大丈夫? の声

7月26日、超ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズの日本語翻訳者・松岡佑子さんが、同シリーズの翻訳料などの所得を申告してなかったとして、東京国税局から2004年までの3年間、約36億円の申告漏れを指摘されていると報じられた。 松岡さんが所得を申告しなかったのは、自分はスイスに居住しており、したがってスイスで納税していたから。だが、国税局は実際の生活の本拠地は日本にあると判断した結果だ。 彼女のような高額所得者の場合、わが国での税率は50%。これに対しスイスは40%弱で、スイスを居住地とした方が節税になる。そのため、彼女はスイス・ジュネーブにマンションを購入したと思われるが、こちらが「居住地」と認められるためには、スイスでの滞在日数が日本より上回っていることが最低条件。ところが、日本での滞在日数の方が多かった。 なぜ、こんな基本的なミスを犯したのか。ある事情通はこう見る。 「年間185日(365日ー180日)はスイスにいたから、大丈夫と彼女は思っていた。ところが、この185日は185泊して有効なんです。例えば、スイスで10泊11日いて、それを年間10回繰り返したとします。国税の計算はそれは10日×10回=100日。これに対し彼女は11日×10回=110日。こうした計算違いの結果ではないでしょうか」 ところで、邱永漢氏といえば、“投資の神様”とも言われた投資コンサルタント。直木賞作家でもある。 彼の場合も節税も兼ね、1992年から香港を「居住地」としている。 ところが、冒頭記事(『夕刊フジ』2003年3月26日号)のように、やはり東京国税局は香港が「居住地」とはみなさず、過去3年間に渡って約6000万円を追徴課税されていた。 もっとも、邱氏はさすがに滞在日数を計算違いしていたわけではない。香港での滞在日数は日本を上回っていたものの、妻が日本で暮らしていたことなどから、実際の生活基盤は日本の方にあると認定された結果。 「この追徴課税に懲りた邱は、それまで主な所得は個人に帰属させていたが、これを契機に『(個人)収入を増やすより、(会社所得として)所得を発生させないように』するようになった。これなら、再度、追徴課税されても個人所得はわずかだからダメージは少ないというわけです」 こう語るのは、邱氏をよく知る人物。 だが、本紙は再度、国税局が目を付けかねない決定的とも思える証拠を見つけてしまった。  左に掲げたのは、日本における民事訴訟で邱氏が記した自宅住所(昨年6月)。個人情報なので、住所地の文字の一部を消したが、香港のとあるビルの606号室と記されている。  そして、この左に掲げた写真は、その香港の住所記載のビルの看板。その606号室は邱氏の会社が入居している。要するに、オフィスビルであり、香港を「居住地」と主張できる基本的要件をそもそも満たしていないと思われるのだ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧