アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

 警視庁組織犯罪対策5課は8月21日までに、ASKA被告(=冒頭写真。本名・宮崎重明。56)に合成麻薬MDMAを譲り渡していたとして、住吉会系組幹部・安成貴彦容疑者(47)と、無職・柳生雅由容疑者(64)を麻薬取締法違反(営利目的譲渡)で逮捕したのはご存知の通り。
今年3月24日、ASKA被告の自宅車庫で、柳生容疑者はMDMA100錠を50万円で販売。安成容疑者は、その柳生容疑者にMDMA100錠を卸していた容疑だ。
柳生容疑者はASKA被告とは20年以上前からの付き合いで、組対5課は同様のル-トで覚せい剤も販売していたと見ている。また、ASKA被告は別ルートでも入手していたと見てそちらの捜査を進めている模様だ。
こうしたなか、一部関係者の間でASKA被告は大丈夫かと囁かれている。覚せい剤等の使用容疑の件(検察は懲役3年求刑。9月12日判決)に関してではない。入手ルートの一部が明らかになり、暴力団幹部が逮捕されたことに関してだ。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧