アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

愉快犯!? 本紙・山岡宅放火犯を示唆するファックス文書がまた届く

本紙は今年6月8日、「愉快犯!? 本紙・山岡宅放火の犯人を名指しするファックス文書届く」なるタイトル記事を報じている。 以来、約50日が経過した7月25日(火)、また以下のような文書がファックスされて来た。 筆跡は前回分とそっくりだから、同一の人物が作成したと思われる。 前回同様、連続でファックスされて来るかと思って掲載を控えていたが、追加分は来ないので、本日、その文書を掲載することにした。 それにしても、そこには「取材しよう」とも記されているが、何が狙いなのか。 本当に何かのメッセージを発する意図があるなら、もっと明確に記してもらいたいものだ。 なお、「見沢知廉」に関して触れているもう一枚は、本記事を出した後、7月28日にファックスされて来た分で、後日付け加えた。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧