アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

A.Cホールディングスの第3者割当増資にも疑問の声が

 ジャスダック上場の「A.Cホールディングス」(旧・南野建設)は7月19日、第3者割当増資を発表している。 第3者割当による新株発行が50億円分、新株予約権が50億円の計100億円分という巨額。 結果、増資後の大株主の状況は、今回増資をそれぞれ50億円づつ引き受ける2つの投資事業組合が各11・78%の所有で筆頭株主となる。 払い込み期日は共に8月8日(火)となっているが、関係者によれば以下のようなカラクリになっているという。 (写真・過去の“危ない企業”の第3者割当のカラクリがよくわかるムック本) この増資には、過去、A.Cホールディングス同様、業績が芳しくないにも拘わらず巨額ないし頻繁に増資を行った多くの上場企業の同増資を引き受け、ないし暴力団関係者とも密接な関係にある株式ブローカーに引き受け手の仲介を頼んだK、F、U各氏が深く関係しているというのだ。 「彼らはこの間の『ジェイ・ブリッジ』の第3者割当増資にも関係していたが、こちらでは余り儲けられなかった。A.Cホールディングスの株価は現在50円台だが、そこで今回は70円以上に上げて売り逃げするつもりなのだろう。近く『ライブドア・オート』(8月よりカーチスに社名変更)でも同様のことを目論んでいる」(関係者) というから、一般投資家の方は要注意だ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧