アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

北朝鮮がハッカー専門の工作部隊を密かに創設。米軍、自衛隊の指令中枢に侵入テスト済?

 北朝鮮は先月、密かに「情報機関工作部隊」なるものを創設したことが、北朝鮮関係者からの情報提供で明らかになった。 人員は総勢170名。軍から55名、民間技術者から115名の構成。所属は朝鮮人民軍総政治局になっている。平壌市内と北朝鮮各軍施設内に配属されているという。 任務はハッカー手法で相手のコンピュータ指令中枢に侵入し、情報を盗み出したり、指令プログラムを錯乱させたり、破壊することだという。 最大の関心は、どの程度の実力があるかだが、この情報提供者はこう打ち明ける。 「機材は中国経由で揃えており、日本のNECやIBMの最新サーバーなどを豊富に入手している。すでに軍の指令でアメリカの太平洋艦隊司令プログラムセンターに何度も侵入済。また、日本の自衛隊や内閣の危機管理部門などにも同じく侵入済みとのことだ」 一方、この24日、中国政府が北朝鮮在中国のすべての銀行の北朝鮮口座を凍結したとの情報も本紙には届いている。 このような処置に中国が踏み切ったのは、先の一連のミサイル発射に関し、中国に対し事前に何ら連絡無く行ったことに対する報復だというのだが……。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧