アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「極楽」山本、淫行騒動ーー週刊誌は「反社会的勢力説」で裏取り中

6月16?17日深夜、お笑いコンビ「極楽トンボ」山本圭一(38)は、欽ちゃん率いる「茨城GG」の試合のために函館にいたが、ビジネスホテルで未成年女性に酒を飲ませた上、暴行した疑いで函館西署の事情聴取を受け、18日、所属の吉本興業は即刻、解雇したのは既報の通り。 もちろん、相手女性は17歳だったことから、両者「合意」の上でも、北海道青少年保護育成(淫行)条例違反(懲役1年以下もしくは50万円以下の罰金)になる。だが、少女側は18歳と年齢を偽っていたとの説もあり、それを山本が本当に信じていたとすれば即刻解雇、「事件については何も申し上げれない」との吉本側の対応は冷た過ぎ、不可解との見方もある。 実は吉本の記者会見の場でも、「反社会的勢力が(女性の背後に)関与していると聞いたが」との質問が飛んだように、この説、まったくのデタラメとは言えないようなのだ。 さる事情通が打ち明ける。 「私の取材では、山本は18歳以上だと信じていたし、両者『合意』だったはず。だがら、女性ファンの間でも同情論はかなりある。吉本興業に対し、そうした女性ファンから、“なぜ、(即刻)解雇したの!”とかなりの抗議の電話が寄せられています」 大手マスコミの既報道とは、かなり事情は違うようなのだ。 では、「反社会的勢力説」については? (写真左は後日=7月28日発売の『週刊新潮』広告) 「それはいまのところ、確証までには至っていない。ただし、被害者には彼氏がおり、女性側からこの間、週刊誌を始めとするマスコミ側に接触があり、かなり高額の謝礼を提示して来ているのは事実。通常、あり得ない行動だ。それで主要週刊誌などが彼氏は組員ないしその周辺者ではないかと仮説を立て、その裏づけ取材を行っているのは事実。だから、今週中にそうした記事が一挙に出て来る可能性もある。 吉本興業と言えば、以前、所属タレントが同様の問題を起こした(その時の相手は14歳の中学生)が、クビにはしなかった(「130R」の板尾創路。大阪府青少年育成条例で94年5月に逮捕されたが、約3カ月の謹慎処分で復帰)。まして今回、吉本側はまだ警察の処分も出ていない段階で解雇したのは、ともかくバックにややこしいのがついているようだからと、責任逃れのためだとしたら余りに無責任な対応と言わざるを得ない」 ちなみに、山本と一緒に被害者も含む女性4名をナンパした同じ「茨城GG」メンバー2人のうちの一人はH氏。現・大リーガーのイチロー選手のオリックス時代の友人。先の国別対抗戦「ワールドベースボールクラシック(WBC)」でもスタッフとして参加していたという。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧