アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

水谷建設元会長も嵌っていたカジノ賭博ーー愛知県警が狙う巨額脱税事件の本丸

 関係者によれば、昨日、愛知県警は地元の石油卸会社Y社社長の親族Sなど5名を逮捕したという。 同県警は今年1月、軽油密造容疑事件(地方税法違反容疑)で、実に172名体制(県税職員106名、県警捜査員66名)で容疑者の軽油製造施設、自宅など22カ所を強制捜査(内、県外2県5カ所)している。 そうして押収した資料を分析し、今回、第一陣の逮捕に踏み切ったようだ。 トラックなどの燃料になる軽油には1?あたり32円10銭の税金がかかるが、容疑の業者は納税してなかった。今回、逮捕されたSと関係あるY社は、容疑の業者の実質、親会社に当たると思われる。 「県警はこのY社もダミーで、実際は県内の大手卸業者A社社長がやらせており、この間の脱税額は200億円にもなると見ている。 しかし、A社の年商は約2000億円にもなり、全国約4万社の業界にあってトップ50位内に入る大手。社長は毎年、全国の高額納税者に名を連ね、中央官庁に深く食い込み、政財界にコネもある。そのため、県警も慎重だったが、内部告発があり重い腰を上げたようだ」(事情通) それにしても、そんな社会的地位ある人物が、巨額脱税をするものなのか。そこで関係して来るのがカジノなのだという。 「A社社長は韓国はもちろん、国内の違法カジノにも入り浸り、巨額の負けを作り、挙げ句、さらに脱税に励むようになったようだ。一方、水谷建設の元会長が海外から帰国して逮捕されたが、行っていた先は韓国カジノのメッカ・ウォーカーヒル。金浦空港から帰って来たと聞いている」(同) ワンマン経営者のなかには、業績が伸びると裏金づくりに励む者が少なくない。創業者で、ワンマンである分、納税意識が乏しいこともあろう。さらに、政財界への工作資金として必要、また自分の遊行費にもあてる。 そして、そのなかにはさらにその裏金を増やそうと、手っ取り早いカジノに夢中になる者が少なくない。武富士の創業者兼会長だった武井保雄氏も同様、カジノ好きで、本場・米国ラスベガスで何億円も負けていたことは写真週刊誌などで報じられている。 愛知県警の狙う本丸A社社長の場合、Y社やさらにその傘下の業者をダミーに使って軽油を販売させ、脱税分の一部をバックさせて裏金を作っていたと見られる。一方、水谷建設の場合は、土地売買価格を誤魔化すなどして作っていたのは既報の通り。 「ただし、カジノで勝ち続けるのはひじょうに難しい。大口客に対して最初は勝たせ、その後、イカサマをやって大負けさせるのはよくある話。実際、2人とも負けが込んでいたのではないか」(同) ちなみに、東京地検は今回の水谷建設の脱税事件では、裏金の一部が政治家に渡っていなかったか注目している。裏金だから、当然、政治資金報告書には記載されていない。A、2人のK、Nといった、衆参両院の大物政治家の名が囁かれている。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧