アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

虚偽答弁!? 仲良く「安晋会」代表と問題企業役員に就いていた安倍晋三官房長官

「安晋会」なる団体が耐震偽装問題が大いに盛り上がった際、注目を浴びたのをご記憶だろうか。 後に逮捕されたヒューザー・小嶋進社長が今年1月17日、衆議院国土交通委員会における証人喚問で、小嶋社長は安倍晋三官房長官の政策秘書から、「国土交通省の事務次官になる予定の方に電話を入れてもらった」旨の発言をしたのが発端だった。 そして、安倍氏との関係は、小嶋氏は自分は私的な後援会「安晋会」のメンバーで、同会会長の紹介とも証言したのだった。 そこで、この「安晋会」なる団体が一挙に知られるようになった。 だが、安倍氏は取り次ぎの事実はないし、「安晋会」はほとんど活動していない団体と語り、いくつかの大手マスコミはかなり取材に動いたものの成果無く、この問題はうやむやになってしまった。 ところが、本紙はこの「安晋会」の代表・杉山敏隆氏と、安倍晋三氏当人が、仲良くある会社の役員に就任していた事実を掴んだ。しかも、その時期は1980年代まで遡る。安倍氏が衆議院議員に初当選したのは1993年のことで、つまり、杉山氏との関係は父・安倍晋太郎元外相(故人)の時代からのことのようなのだ。 さらに気になるのは、杉山氏と仲良く役員に就任していた会社の代表者だ。 その代表者とは、何と「光永仁美」だったのだ。 そう、これまた本紙は何度も報じている謎の宗教団体とも言われる「慧光塾」の“教祖”だった人物だ。 その証拠の会社謄本部分を左に掲げておく。 その企業とは、「光国際通信」(東京都)というのだが、ある事情通はこう証言する。 「光永氏は予言ができるといって、値上がりするとする株をいろんな人に勧めていた。それを信じたばかりに大損し、会社を潰した方がたくさんいます。この『光国際通信』はそのための会社だったと思います」 確かに、同社定款欄には「有価証券の保有及び運用」も入っている。 そこで思い出されるのが、本紙・既報の父・晋太郎氏の時代から光永“教祖”は株の運用を任され、その見返りに安倍晋三氏は父・晋太郎氏の代わりに光永氏がやはり代表を務めていた「光カメラ販売」の役員にも就いていた、同社が所有していた土地に通常では考えられない巨額担保設定が行われていた事実である。 もし、杉山氏もこうした古くからの人脈の一人であったのだとすれば、耐震偽装事件で安倍氏が杉山氏との関係から、国土交通省への口利きを頼んだ可能性は信憑性を帯びてくる。そして、それを知らないと白を切ったのだとすれば、そんな人物に総理に立候補する資格はあるのか!?   さらに、報告は次回に譲るが、この光国際通信の代表にはその後、石松譲治氏(歌手アイ・ジョージの本名)が就任。前出・光永氏、大物事件屋も加わり、ある上場企業を巻き込んだ詐欺事件の舞台にまでなっているのだ。その件では、未だ株主代表訴訟が行われている。その請求額は約2億4300万円に上る。 この問題、大手マスコミはもう一度、検証し直してみるべきではないのか。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧