アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

糸川代議士宛銃弾の送付元、警視庁特定の模様

今年5月29日、東京都千代田区永田町の衆院第2議員会館内の糸川正晃衆院議員(国民新党)の事務所宛に、実弾が添えられた、同議員宛の「お前の体に入るぞ!」との脅迫状が届いていた件はまだ記憶に新しいが、警視庁組対4課はほぼ犯人を特定した模様だ。 なお、糸川議員は05年9月、比例代表・北陸信越ブロックで初当選している。 この送付自体は暴力団関係者が行ったようだが、この送付には、2人の現役代議士秘書も関わっていた模様。 その代議士とはIとOで、共に自民党所属で、大臣経験がある。 陳情の一環として、秘書が糸川議員の出馬に関し断念させようとしていた経緯があり、そのトラブルから発展したとの見方がされている。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧