アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

愉快犯!? 本紙・山岡宅放火の犯人を名指しするファックス文書届く

本紙・山岡の自宅が何者かによって放火されたのは、昨年7月3日(日)午前4時過ぎのことだった。すでに1年近くが経とうとしているが、未だ犯人は捕まっていない。  こうしたなか、一昨日、そして本日と、本紙のファックスに、以下のような文書が立て続けに届いた。  筆跡や内容から、同一人物であることは明らか。犯人として特定の団体、肩書き、氏名や連絡先まで記している。  もっとも、放火の理由については何ら触れられていないし、2回目の文書(左側)は面白半分のタッチなので、愉快犯かも知れない。 それにしても、新右翼の「一水会」元代表の鈴木邦男氏の自宅放火(2003年3月)と同じ犯人といわれても、まったくピンと来ないのだが……。  この差出人の狙いはいったい何なのか。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧