アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>「安倍首相の『選挙妨害疑惑』新たな事実、さらなる疑惑」(本紙・山岡。『ベルダ』19年1月号)

 月刊総合情報誌『ベルダ』(発行・ベストブック)では、本紙スクープの安倍晋三首相の選挙妨害疑惑につき18年10月号でも、同じく3頁の記事を掲載してもらった。
10月号では、ツイッターで「♯ケチって火炎瓶」が拡散した情報はひじょうに矮小化かつ事実誤認があったことを指摘したが、今回記事ではその後の取材で判明した事実、新たな疑惑をレポートした。
かなりの部分は12月11日の本紙・山岡の講演と重なるが、質疑応答も含め1時間48分もある講演映像(すべて無料公開)を見れない方でも、こちらの記事なら10分もあれば読めるだろう。こちらをご覧になっていただき、さらに詳細を知りたい方は映像を見ていただくのもいいと思う。
ただ、今回の3P記事の2、3P目は以下の有料部分に転載している。発売されたばかりの有料月刊誌故、すべて無料公開できないことはお許し願いたい。

 この安倍首相疑惑は終わらない。
来年こそは本番だ。
なお、今回、新たな疑惑として取り上げた竹田力秘書(当時。故人)暗殺未遂説に関しては、本紙ではすでに取り上げている

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧