アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第3回 医療再生ファンド持分売却を図るジェイ・ブリッジ)

●第2回記事はココをクリック

 本連載1回目で報じた通り、東証2部、投資会社「ジェイ・ブリッジ」(東京都墨田区。高森幸太郎社長=冒頭右写真)や、当時、同社社長の地位にあった桝澤徹氏らは3月16日、まずは損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こされた。
提訴したのは福岡県の明太子メーカーであるF社と、その代表者。請求額は計8000万円余り。
ただし、この詳細に関しては次回に譲りたい(冒頭左写真はその訴状の一部)。
というのは、ジェイ・ブリッジは子会社などを使い、この医療再生ファンドを主導していたのは間違いないが、同時に、総額約41億円の投資資金の内26億6500万円を投じた最大の出資者でもあったことから、その持分を第3者に売却することで、「うちはこのファンドとはもう何の関わりもない」と主張する計算あってのこと。そして、その売却話はすでにひじょうに煮詰まっており、実は明日一杯が最大のヤマ場であることが関係者などの証言などから本日判明したからだ。
というわけで、今回は以下、その内容を報じる。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧