アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

警視庁捜査一課長、不倫で更迭

大手マスコミ既報のように、3月15日午前、警視庁は強盗や殺人などの凶悪事件を担当する捜査一課の西沢康雄課長(55。冒頭写真は就任時のニュース映像より)を更迭する(警務部付に)人事を発表した。
昨年3月2日付で就任。わずか1年でのことだった。
こう聞くと、警視庁にも自浄作用があるようだが、もちろん進んで処分したわけではない。
さる関係者はこう漏らす。
「不倫の事実が発覚し、(記者クラブに属さない)マスコミに書かれるのは時間の問題だった。それで先手を打ったんですよ」
その証拠に、警務部参事官による会見では更迭理由につき「私的な不適切行為」に終始し、前ポストの鑑識課長時代の部下だった女性警察官(独身。すでに退職)と不倫の挙げ句、別れ話を巡ってトラブルになり、西沢課長が女性宅を深夜に訪ねるといった内容の説明は一切なかった。
また、あくまで「更迭」(課長の任を解くこと)で、解雇ではない。とはいえ、「自主退職(退職金は満額出る)せざるを得ないのでは」(前出・関係者)と見る。


警察に詳しい、ジャーナリストの寺澤有氏はこう明かす。
「実は昨年7月、課長に就任したばかりで、世田谷一家殺害事件など重要未解決事件が山積みなのに、“警視庁記者クラブとゴルフをしているとは何事か! 現場の心ある者は皆、呆れてますよ”旨の、明らかに警察関係者と思われる匿名女性からの電話があったんです。なぜ、ろくでもない人物が就くのでしょうか……」
警視庁捜査一課長といえば、ノンキャリでは最高位といっていい警視長ポスト。同課には約350名が属し、警察の1つの課としてはわが国最大だが、そのトップがこの始末。
過去には退職後、前科情報が漏洩して後に複数の現職警官の処分者が出たブラックな人物の会社に天下っていた元一課長もいる。
別のマスコミによく出る元一課長は、本紙・山岡が警視庁に出入りする事件屋の取材をした際、電話取材すると、その事件屋から高級机をもらったこと、息子の就職先を紹介してもらった事実を認めたこともあった。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧