アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. 政治 >
  3. ニセメール事件
  4. <記事紹介>「永田ガセメール本当の『作成者』」(『週刊文春』)

<記事紹介>「永田ガセメール本当の『作成者』」(『週刊文春』)

明日発売の『週刊文春』(06年4月6日号)が、“永田メール問題”につき、例のメールでの指示文書は、?西澤孝氏が元ライブドア社員を“脅迫”して作成させた、?その作成者には10万円の謝礼が支払われている、などと報道している。 これが事実なら、結果的には自民党をさらに利することになるのだが、永田寿康代議士はますますとんでもない人物の情報を信じ込んでしまったことになるし、その闇は深いことになる。 実は本紙もこうした事実に関する情報は、以前から聞いてはいた。 本紙は3月26日号記事の最後の方で、以下のように記しているが、実はここで述べている“その関係者に関するマイナス情報を出し、半ば脅して作らせた”は、本紙も具体的に浮気に関してと聞いていたし、金額の10万円、西澤氏自身は「その10倍は永田さんからもらった」と語ったというのもソックリ同じなのだ。 「ところで、問題のホリエモンが出したとされるメールを印字したとされる“証拠資料”に関しては、ねつ造説が根強い。西澤氏が直に依頼し、ライブドア関係に作ってもらったというのだが、その際、その関係者に関するマイナス情報を出し、半ば脅して作らせたとの見方が自民党関係者の間ではかなり拡がっているという。まさか、その際にもこうした黒い人脈が関わっていたことはないのか?」 その情報を教えてくれた人物は、こう漏らす。 「ですから、西澤氏は逮捕しようと思えばいつでもできる。自民党という権力がやる気になれば、簡単なことです(『週刊文春』記事によれば、証拠の一部テープもあるそうだ)。だが、自民党としては民主党を追い詰める上でまだまだ西澤氏を泳がせておく方が得策ということで、逮捕は先延ばししているのではないでしょうか」…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧