アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. 政治家 >
  3. 汚職(疑惑)
  4. 酒気帯び運転事故で逮捕・森喜朗長男の翌日釈放に、地元でも不信の声が

酒気帯び運転事故で逮捕・森喜朗長男の翌日釈放に、地元でも不信の声が

本紙でも既報のこの事件、森祐喜・前石川県議(2期目。45)は逮捕直後に議員辞職願い、自民党離党の申し出共に受理された。(冒頭写真=「北國新聞」8月10日記事)
地元でも、クラブを連日のようにハシゴし、議会中にイビキをかいて寝込むことも決して珍しくもなく、自民党支持者ですら評判は散々。そのため、さすがに「もう森(喜朗)元首相に遠慮する必要はなくなった」と、早くも次期県議選に向け、保守系候補者が動き出しているという。
ところで、事故があったのは8月7日午前10時10分ごろ。なぜ、こんな時間に酒気帯びだったのか?
「前の晩から朝方までクラブなどで深酒。帰宅して数時間後、食べ物を買うために近くのコンビニに自家用車で出かけ、コンビニのガラスに突っ込んだ。酒が残っていたということ」(地元事情通)
そして逮捕され、約28時間後の8月8日午後7時少し前、「証拠隠滅や逃亡の恐れはない」ということで釈放。その後、任意の取り調べ、書類送検ということだが、これには地元でも不信の声が挙がっている。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧