アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

怪文書指摘通り、周辺の土地を買った「専修大学」

その怪文書が流れたのは、この9月中旬のことだった。
「『専修大学』と『●●文部科学大臣』と『フロント企業』が絡む大スキャンダル」とのタイトルで、本紙にもメールにて届いていた。
だが、タイトルのどぎつさの割に、何というフロント企業がどう絡んでいるのか、また●●大臣に関してはまったく具体的な記述がなかった(したがって本紙では大臣の実名は伏せた)ことから本紙では掲載を見送っていた。
ただし、この怪文書は(学)「専修大学」(東京都千代田区。日高義博理事長=冒頭右写真)の神田キャンパス隣接地買収に絡むスキャンダルとしているところ、専修大学の神田キャンパスの建て替え時期が迫っており、この7?8年の間に大学側も校舎を新設することは公言しており、そのキャンパス構想の試案検討の「たたき台」をHPに掲載までしている。
そのため、怪文書中の、神田キャンパスは拡張を計画しており、この9月末には一部隣接地を買収するとの記述は気にはなっていた。そこで先日謄本を取ってみると、
(冒頭左と下写真=専修大学神田キャンパス隣接の取得地。詳細は以下に)

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧